食べ物の豆知識

スイカとの食べ合わせに!悪いものと良いものを伝授

夏になると、どうしても食べてしまう食べ物としてスイカがありますよね。

お子さんがいる家庭などでは、子供のわがままでスイカをかなり買ってしまうなんて事もある事でしょう。ですがスイカにも食べ合わせがあるのは、ご存じでしょうか?

恐らく、スイカにも食べ合わせがあるという事を知っている人は少ないと思います。

なので今回は、スイカの食べ合わせで悪いものと良いものについて紹介します。

どんなものでも食べ合わせは重要

昔から、食べ物には食べ合わせがありますが、正直これについては疑問に思った人も多いと思います。

たまに、「食べ合わせの悪いものを食べると、死んでしまう」など笑えない冗談に怯えた人もいるのではないでしょうか?

ですが、実際食べ合わせは重要だといわれています。なのでまずは、食べ合わせを守らないとどうなってしまうのかについて紹介します。

そもそも本当に食べ合わせの悪いものはあるの?

まず疑問なのは、食べ合わせ自体によって命を落とすような危険があるかについてだと思います。

下手な噂だと、食べ合わせを間違えたら死んでしまうなどの噂を聞いた事もある人は少なくありません。しかし結論からいうと、まず食べ合わせで命を落とすような事はないんです。

そもそも食べ合わせというのは、中国の本草学という植物を用いた医学に関係が深いといわれています。その本草学の中で、合食禁というものがあり、これが食べ合わせの語源となっているんです。

ですがそのほとんどは、医学的根拠よりも食べすぎや体調不良を起こさないための覚え書きのようなものです。

なので、命を落とすような危険はありませんし、そこまで焦るような要素もほぼありません。

中には大事になってしまう事もある

食べ合わせで命の危険を落とす事はありませんが、それでも身体に害が1ミリも起こらないという保証もありません。

食べ合わせによっては身体を冷やしてしまったり、お腹が緩くなるという事はよくあります。しかしそれだけでなく、血圧が上がったり、持病を持つ人には危険な食べ合わせも存在します。

そしてその食べ合わせの悪いもの同士を食べ続けていると、最悪命の危険にさらされる事もあるんです。

先程は大した事はないと紹介しましたが、食べすぎだったり、身体の調子の悪いときには十分気をつけましょう。

スイカとの食べ合わせで悪いもの!5選

食べ合わせは、意外にも大事なものだという事はよく分かったと思います。

もちろんスイカにも食べ合わせの悪いものはあって、中には身体に支障をきたすものが多いです。

有名なのがスイカと天ぷらなど、他にも多くの食べ合わせの悪いものが多いといわれています。

続いては、スイカと食べ合わせの悪い食べ物について5つ紹介します。

①コーヒー

スイカと食べ合わせの悪い食べ物1つめは、コーヒーです。

コーヒーには利尿作用があり、水分を外に出してしまうのは有名な話ですよね。しかし、実はスイカにも利尿作用はあって、この2つが合わさると過剰効果を生んでしまいます。

つまり、利尿効果がいつもの2倍になってしまうという事です。

スイカは水分が多いですが、だからといって油断をしてはいけません。ただスイカとコーヒーを一緒に摂る事自体、稀な事ですし、2つとも量を考えれば問題はないそうです。

コーヒー一杯とスイカ一切れ程度であれば、身体から出る水分はなるべく抑えられます。ですが、夏にしてしまうと深刻な問題になるので、やはり一緒に摂るのはよくありません。

②かき氷

スイカと食べ合わせの悪い食べ物2つめは、かき氷です。

これは少しよく考えれば、理解する人も多いと思います。スイカは水分が多く、かき氷もまた氷なので水分の塊です。

つまり水分の摂取量が多くなるので、胃腸を冷やしてお腹を壊す可能性がかなり高くなります。またスイカの利尿作用も考えると、尿意もかねてトイレに行く回数が増えるのは確実です。

なのでくれぐれも、かき氷の上にスイカを乗せて食べるといった食べ合わせについては気をつけましょう。

これを聞くと、スイカを使った氷菓子も同じなのかと考えすぎてしまう人もいるかもしれません。ですが氷菓子は、スイカの果汁を使っているだけなので、特に問題はないです。

③アイス

スイカと食べ合わせの悪い食べ物3つめは、アイスです。

アイスや牛乳などには、「乳糖」というものが含まれています。この乳糖が身体にどう作用するかというと、上手く分解できないとお腹がゴロゴロとしてしまうんです。

そのため、胃腸の調子が悪くなる事が多いといわれています。さらにこのスイカを一緒に食べてしまうと、水分が加算されてさらに悪化してしまいます。

なので、アイスを食べると胃を悪くしたり、お腹がゴロゴロする人には注意が必要です。

また普段はどうでもなくとも、食べ過ぎるとこういった現象を引き起こしやすくなるので、摂取量にも注意しましょう。

④トウモロコシ

スイカと食べ合わせの悪い食べ物4つめは、トウモロコシです。

どちらも夏の風物詩なので、もしかしたら夏のバーベキューなどでも一緒にでてくる事もあると思います。ですが、トウモロコシは消化が非常に悪い食べ物で、スイカと合わせるのは要注意とされています。

なぜかというと、スイカは身体を冷やしトウモロコシは消化が悪く、一緒に食べるとお腹が緩くなるからです。

これは結構痛い目に遭った人は多く、おばあちゃんなどから教わった人も多いそうです。

中にはお腹を緩くして、1日中トイレにいたという人も少なくありません。なので、夏場では絶対に一緒に食べないように気をつけましょう。

⑤寒天

スイカと食べ合わせの悪い食べ物5つめは、寒天です。

スイカもですが、寒天も身体を冷やす食べ物だといわれています。そのため、この2つを一緒に食べてしまうと一気に身体を冷やしてしまうんです。

例えば、利尿作用と身体の冷えでトイレが近くなったり、急に身体の温度が下がる事もあります。

少量では問題はありませんが、やはり夏場に身体を急に冷やす事は良くありません。

なので、これも少ないとは思いますが、コーヒーなどと同じように寒天とスイカは一緒に食べないようにしましょう。

スイカとの食べ合わせで良いもの!4選

今までは食べ合わせの悪いものばかりを紹介しましたが、もちろん食べ合わせの良い食べ物も存在します。

食べ合わせの良い食べ物の場合、その効果は逆で栄養の吸収などが普通の食べ物より良かったりするんです。

スイカと食べ合わせて良いものについて4つ紹介します。

①バナナ・パイナップル

スイカと食べ合わせて良いもの1つめは、バナナやパイナップルです。

スイカをバナナやパイナップルと合わせると、二日酔いの改善に効果があります。また、スイカとバナナの組み合わせは健康的で、特にカリウムの摂取に良いとされているんです。

そのため栄養価を高めるため、今ではスイカとバナナ、豆乳を合わせたスムージーを作る人も多いです。

このスムージーな夏バテ予防にも効果があり、ぜひとも夏に飲んでみたい飲み物といわれています。

②トマト・レモン

スイカと食べ合わせて良いもの2つめは、トマトやレモンです。

スイカをトマトとレモンなどと一緒に食べると、高血圧や動脈硬化の予防に効果があります。こういった酸味を含んだ野菜や果物を一緒に食べると、同じく高血圧などに効果があるといわれているんです。

その中でも、トマトとレモンの組み合わせが良いようで、ネットなどでもよく取り上げられています。

ただトマトとスイカは両方とも身体を冷やす効果があるので、あまり摂りすぎないように気をつけましょう。

③きゅうり

スイカと食べ合わせて良いもの3つめは、きゅうりです。

「きゅうり」と「スイカ」を一緒に食べると、腎臓病の予防になるといわれています。これは、「きゅうり」だけでなく、「あずき」や「とうがん」と一緒に食べても同様の効果が得られます。

ちなみにきゅうりはスイカと同じウリ科なので、一緒に浅漬けにしてしまう家庭もあるそうです。

そう考えると、別々に食べるのではなく、一緒に食べても美味しく食べられます。

④梅

スイカと食べ合わせて良いもの4つめは、梅です。

スイカと梅を一緒に摂ると、日射病や暑気当たりの予防になります。これは梅だけでなく、レモンやココナッツを一緒に摂っても同じ効果が期待されています。

ちなみに梅そのものだけでなく、梅酢でも似た様な効果が得られるそうです。

なので、スイカの皮を梅酢で漬けるなど、きゅうりと同じく一品料理を作るのにも向いています。

まとめ

今回は、スイカの食べ合わせで悪いものと良いものについて紹介しましたが、参考になったでしょうか?

まとめてしまうと、スイカと食べ合わせが悪いものを食べると、お腹を下す事が多いです。それこそ水分量の問題だったり、胃腸に刺激を与えてしまったりなど理由は様々です。

しかし、ちょっと知っておくだけで、体調不良のトラブルからは避けられます。他にも一緒に食べないだけでなく、食べたとしても量を調整する事も大切です。

もし、スイカの食べ合わせに悩んでいる方は、ぜひとも今回紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

-食べ物の豆知識