お役立ち情報

スニーカーには防水スプレーいらない?劣化を防ぐなら必要!効果あるおすすめスプレーを紹介

スニーカーには防水スプレーいらない?劣化を防ぐなら必要!
スポンサーリンク

スニーカーなど靴を買うと、店員さんから防水スプレーをオススメされることがありますよね。

しかし、

「防水スプレーって本当に効果があるの?」

「革靴でもないし、スニーカーに防水スプレーはいらないでしょ・・・」

なんて思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、スニーカーに防水スプレーはいらないのか?詳しく解説していきます。

オススメの防水スプレーや、防水スプレーの効果的な使い方についてもご紹介していますので、ぜひ試してみてくださいね♪

 

スニーカー 防水スプレー いらない?必要?

スニーカーに防水スプレーは必要なのでしょうか?

結論から言うと、スニーカーにも防水スプレーは必要です!

なぜかと言うと、防水スプレーの効果には『水を防ぐ』以外にもたくさんあるんです。

これから説明していきますね♪

 

劣化を防ぐなら防水スプレーは必要(長持ちする)

防水スプレーには、『劣化を防ぐ効果』があります。

これは何も、雨でぬれるのを防いでくれるからだけではないんですよ!

実は、スニーカーを1日履いているだけで、足からコップ1杯分の汗をかくと言われています。

汗にぬれたスニーカーは黄ばみやすいですし、その分、劣化も進みやすくなりますよね。

防水スプレーを使うと、この汗による黄ばみや劣化を防ぎ、スニーカーを長持ちさせることができるんですよ♪

 

汚れを防ぐなら防水スプレーは必要

スニーカーって歩く場所を選ばないので、結構汚れやすいですよね。

これが白いスニーカーだと尚更、汚れが目立ってしまいます・・・。

しかも、スニーカーはゴムやメッシュ素材、布地など、様々な素材で作られているので、汚れも落としにくいんですよね。

しかし、そんなスニーカーの汚れも、防水スプレーが防いでくれるんですよ!

防水スプレーを使うとスニーカーの表面がコーティングされるため、汚れが付きにくくなるんです。

また、汚れが付いてしまったとしても、スニーカーの素材まで汚れが浸透してしまうことが無いので、簡単に落とすこともできますよ♪

 

キズを防ぐなら防水スプレーは必要

先ほどもお伝えしたように、防水スプレーはスニーカーをコーティングしてくれます。

そしてなんと!そのコーティングは傷からもスニーカーを守ってくれるんですよ!

エナメルやレザー素材のスニーカーは特に傷が目立ちやすいので、傷つきにくくなるのは嬉しいですよね?。

 

【効果あり】おすすめの防水スプレーを紹介

さて、防水スプレーには嬉しい効果がたくさんあり、

『お気に入りのスニーカーに使ってみよう♪』

と思った方も多いのではないでしょうか?

でも、防水スプレーって色々あるし、どれがいいのか分からないですよね。

そこで、おすすめなのが「アメダス」という防水スプレーです!

 

アメダス

アメダスはコロンブスというメーカーの防水スプレーで、とても有名な商品です。

シューズショップはもちろん、楽天やAmazonなど幅広く取り扱いされているので見たことのある方も多いと思います!

このアメダスは、スニーカーはもちろん、布製品や革製品にも使用でき、スプレーしてから乾くまで15分と短いのも嬉しいポイント♪

また、防水スプレーの中では少し値段が高いのですが、効果も長持ちするのでコスパも良いんですよ♪

防水スプレーに迷ったら、ぜひアメダスをオススメします!

こちらがオススメのアメダスです。

[コロンブス] キレイな状態をキープ アメダス 撥水・防水・防汚スプレー420mL

スニーカーに防水スプレーをかける手順!効果的な方法

スニーカーに防水スプレーをかけるとき、実は、その使い方で効果が変わってくるんですよ。

また、防水スプレーは体に有害な成分も含まれています。

正しい使用方法を守らないと、健康に悪影響を及ぼしてしまうこともあるんです。

ここからは、効果的な防水スプレーのかけ方をご紹介していきますね!

 

スニーカーを購入したらすぐに防水スプレーを使う

スニーカーを購入したらすぐに防水スプレーを使いましょう。

もし、すでに履いているスニーカーに防水スプレーを使いたい場合は、汚れを落としてから使うようにします。

そうすることで、汚れ防止効果を高めることができるんですよ♪

 

防水スプレーをかける手順

防水スプレーをかける手順について説明します。

①必ず屋外の換気の良い場所で行う。
②スニーカーの汚れを拭き取る。
③30cm以上離れた所から、片足ずつスプレーする
④全体的にスプレーしたら乾燥させる。

ちなみに、靴ひもを外した方が良いのか迷われた方もいるかもしれませんね。

靴ひもを外した方が防水スプレーの効果は高まります。

しかし、外さなかったからと言って何か問題があるわけでは無いので、面倒だと思ったら外さなくても大丈夫ですよ♪

 

防水スプレーは月1回はスニーカーにかける

防水スプレーは時間がたつと効果が薄れてきてしまいます。

月に1度は防水スプレーをかけて、効果を持続させるようにしましょう!

また、濡れたり汚れたりすると、防水スプレーの効果が落ちてしまいます。

雨の日や汚れてしまった日には、キレイに拭き取ってからスプレーすると良いでしょう!

 

スニーカーに防水スプレーをかけるときの注意点

スニーカーに防水スプレーをかけるとき、注意してほしい点が3つあります。

1つ目は、靴の中にスプレーしないようにすることです。

防水スプレーを靴の中にかけてしまうと、汗を吸わなくなるので、蒸れやすくなってしまいます。

2つ目は、スプレーを吸い込まないようにすること。

防水スプレーには体に有害な成分が含まれており、吸い込んでしまうと気分が悪くなったり、息苦しくなることもあります。

防水スプレーを使う時は必ずマスクをして、屋外で使うようにしてくださいね。

3つ目は、スプレーをかけすぎないようにすること。

スプレーをかけすぎてしまうとスニーカーにシミができてしまう恐れがあります。

必ず30㎝以上離したところから、薄くスプレーするようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「スニーカーに防水スプレーはいらない」というのは間違いでしたね!

防水スプレーは、水だけではなく汚れや傷からもスニーカーを守ってくれる非常に優秀なアイテム。

防水スプレーの使い方も、特に難しいものではありませんから、ぜひこまめに使ってスニーカーを長持ちさせてくださいね♪

スポンサーリンク

-お役立ち情報