お役立ち情報

スニーカーゴムの黄ばみ!除光液を使えば落ちる?オキシクリーンやキッチンハイターで白くする方法を解説

スニーカーゴムの黄ばみ!除光液を使えば落ちる?
スポンサーリンク

スニーカーのゴム部分って、丁寧に履いているつもりでも黄ばんでしまいますよね。

むしろ、履かずに飾っているだけでも、黄ばんでしまうこともあります・・・。

「スニーカーのゴムの黄ばみを落とす方法が知りたい!」

「スニーカーのゴムの黄ばみは除光液で落ちると聞いたけど本当?」

など、スニーカーの黄ばみで悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、スニーカーゴムの黄ばみは除光液で落とすことができるのか?解説していきます!

また、オキシクリーンやキッチンハイターを使った方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

スニーカーゴムの黄ばみ!除光液を使えば落ちる?

黄ばみを落とすのに除光液が使われることはよくありますね。

では、スニーカーのゴムの黄ばみも除光液で落とすことができるのでしょうか?

 

落ちないこともある

結論から言うと、除光液を使ってもスニーカーゴムの黄ばみが落ちないこともあります。

除光液を使えばどんな黄ばみも落とすことができる!・・・というわけではないんですね。

また、除光液はあの臭いからも想像できるように刺激の強い薬剤です。

そのため、

「黄ばみを落とそうとしたら変色してしまった!」

「除光液を使っていたら気分が悪くなってしまった。」

なんてことにもなりかねないんです。

特に除光液は、本革や布製品との相性が悪く、一度変色してしまうと元に戻すのは至難の業。

除光液を使う際には、目立たない箇所で試してからにするようにしてくださいね!

 

スニーカーゴムの黄ばみ!オキシクリーンを使えば落とせる!

オキシクリーンは汚れ落としや掃除の強い味方!

実は、スニーカーゴムの黄ばみにも使うことができるんですよ。

しかも、オキシクリーンは色落ちの心配が少ないので、どんなスニーカーにも使いやすく、オススメなんですよ♪

ここからは、オキシクリーンを使ってスニーカーゴムの黄ばみを落とす方法を解説していきます!

 

準備する物

まず、以下の物を準備してくださいね♪

  • オキシクリーン
  • スニーカーが入る大きさのバケツ(蓋つきのもの)可
  • ブラシ(歯ブラシでも可)
  • ゴム手袋
  • 40~60℃のお湯

オキシクリーンで落とす手順

それでは、手順を解説していきます!

①バケツにお湯とオキシクリーン(30g以上)を入れる。
②スニーカーを①の洗浄液に漬け、スニーカーが浮いてこないよう蓋をする。
③1時間ほど経ったら、黄ばみの気になる部分をブラシでこする。
(強くこすりすぎるとスニーカーが傷むので注意!)
④黄ばみが取れたら、しっかりとすすぎ洗いをする。
⑤風通しの良い場所で乾燥させる。

オキシクリーンは強力な薬剤なので、直接手で触れると肌荒れを起こす危険性があります。

ゴム手袋をしてから行うようにしてくださいね!

また、黄ばみの落ちが悪い場合には、オキシクリーンを30gずつ追加してみてくださいね。

 

スニーカーゴムの黄ばみ!キッチンハイター使えば落とせる?

「自宅にオキシクリーンが無い!」という方には、キッチンハイターを使うのをオススメします!

方法は、先ほど説明したオキシクリーンの方法と同様にすればOK。

ただし、キッチンハイターは塩素系漂白剤なので、塩素のツンとする臭いがスニーカーに付いてしまう恐れがあります。

また、色落ちする可能性もありますので、目立たない箇所で試してから行うようにしてくださいね!

 

部分的なスニーカーゴムの黄ばみ!落とし方

さて、オキシクリーンやキッチンハイターを使った黄ばみの落とし方をご紹介しましたが、

「部分的に黄ばんでいるだけだから、もっと手軽に落とす方法があればな・・・」

と思った方もいるかもしれませんね。

そこで、ここからは部分的な黄ばみを落とすのにオススメな方法をご紹介していきますね!

 

消しゴム

最も手軽な方法は、消しゴムを使うこと!

スニーカーゴムの黄ばみ部分を消しゴムでこするだけで、簡単に黄ばみを落とすことができますよ♪

 

歯磨き粉と歯ブラシ

歯磨き粉と歯ブラシでも、黄ばみを落とすことができます!

方法は普段の歯磨きと同様にスニーカーゴムを磨くだけでOK。

ただし、研磨剤入りの歯磨き粉を使うとゴムを傷めてしまう恐れがあるので、注意してくださいね。

 

アルコール

アルコールは除菌の他に脱色作用もあるんですよ。

アルコールを黄ばんだ部分に吹きかけ、ティッシュで軽くこすると黄ばみが取れます!

ただし、色落ちする可能性もあるため注意してくださいね。

 

ベビーパウダー

ベビーパウダーは、黄ばみを落とすことはできませんが、黄ばみ防止には役立つアイテムです!

スニーカーのゴム部分にベビーパウダーを付けておくだけで、黄ばみを防止してくれますよ♪

ただし、ベビーパウダーを付けた部分は真っ白になるので、普段履いているスニーカーには使いにくいかもしれませんね。

また、ベビーパウダーは布地に付くと取れにくいので注意してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スニーカーのゴムの黄ばみは、除光液よりもオキシクリーンやキッチンハイターを使うのがオススメですよ。

また、部分的な黄ばみであれば、消しゴムや歯磨き粉で落とすこともできるので、ぜひ試してみてくださいね!

最後に、スニーカーゴムは保管しているだけでも劣化し、黄ばんでいきます。

普段履かないスニーカーには、ベビーパウダーをつけて、黄ばみを防止しておくといいですね♪

スポンサーリンク

-お役立ち情報