お役立ち情報

身代わりのお守り!正しい持ち方や効果を最大限にアップする方法を解説

身代わりのお守り!正しい持ち方や効果
スポンサーリンク

合格祈願や家内安全など、お守りには様々なものがありますよね。

中でも、身代わりのお守りは、持ち主の代わりとなって災いから守ってくれる有難いものです。

そんな身代わりのお守りを、みなさんはどのようにして持っていますか?

そもそも、お守りの正しい持ち方はご存じでしょうか?

実は、お守りは間違った持ち方をしてしまうと、効果が半減してしまったり、発揮されなかったりします!

せっかくお守りを持つのなら、最大限に効果を発揮させたいですよね。

そこで今回は、身代わりのお守りの正しい持ち方や、効果をアップさせる方法について解説していきます!

身代わりのお守りが壊れてしまった時の対処法についてもご紹介していますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

 

身代わりのお守り!効果を最大限にアップする正しい持ち方とは?

みなさんは、身代わりのお守りをどのように持っていますか?

せっかくのお守りなのに、正しい持ち方をしないと効果が発揮されないことがあるんですよ。

ここから、身代わりのお守りの正しい持ち方を説明していきますね!

身代わりのお守りは、自分の身代わりとなって守ってくれるものです。

ですから、最も効果を発揮する持ち方は、『肌身離さず身に着けること』なんですよ。

たとえば、お守りにひもを通して首からかけて置いたり、いつも持ち歩く財布やスマホなんかに付けておくのも良いですね!

また、交通安全のお守りなら車に、合格祈願のお守りなら筆箱に付けるなど、そのお守りと関連のある物に付けると良いでしょう。

 

身代わりのお守り!NGな持ち方とは?

さて、ここからは身代わり守りのNGな持ち方を2つ、ご紹介していきます。

そもそもお守りとは、神社でしっかりと祈祷されたもので、そこには神様が宿るとされています。

ですから、『お守りを持ち歩くこと=神様を持ち歩く』と考えることが重要なポイントなんですよ。

NGな持ち方をしてしまうと、お守りの効果が無くなってしまうこともあるので注意してくださいね!

 

暗い場所に置きっぱなし

1つ目のNGな持ち方は、暗い場所に置きっぱなしにすること。

机の引き出しに入れっぱなしにして忘れてしまったりすることは、神様を暗い場所に閉じ込めておくようなものですよね。

もし、お守りを持ち歩くのが難しい場合は、日の当たる明るい部屋の目線より少し上くらいの高い場所に飾っておくと良いですよ。

ただし、その場合もほったらかしにせず、ホコリを取り除いたりしてあげましょう。

 

雑に扱う

2つ目のNGな持ち方は、雑に扱うこと。

たとえば、いつも持ち歩くからとスマホにお守りを付けたとしても、しょっちゅう落としたり、雑にカバンに投げ入れたりしてはいけません。

また、何年もお守りを付けっぱなしにするのも良くないんですよ。

お守りの効果はだいたい1年と言われています。

古いお守りを持っている場合には、感謝の気持ちを込めて神社へ返納してくださいね♪

ちなみに、「お守りを複数持ち歩くと、神様がケンカするので良くない」と聞いたことがあるかもしれませんね。

しかしこれは間違いで、お守りを複数持っても問題はありませんので、安心してくださいね!

 

身代わりのお守り!壊れた場合はどうしたらいいの?

身代わりのお守りを持っていると、壊れてしまうことがあります。

お守りが壊れると聞くと、不吉な感じがするかもしれませんが、これは間違い。

お守りが災いから守ってくれたことを意味するんですよ♪

ですから、お守りが壊れてしまったら、神様への感謝を込めて神社へ返納し、新しいお守りを持つのが良いでしょう!

 

身代わりのお守り!病気回復にも効果あり

実は、身代わりのお守りには病気回復の効果もあるんですよ!

ちなみに、無病息災のお守りは病気にかからないようにするお守り。

すでに病気になってしまった場合には、身代わりのお守りを持つといいですよ!

ただし、病気の人にお守りを贈るのは失礼にあたることもあります。

自分が病気になってしまった時のためのお守りとして考えたほうが無難ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

身代わりのお守りは自分を災いから守ってくれるものです。

できれば肌身離さず、大切に持ち歩くようにしてくださいね。

また、壊れたお守りや、1年経ったお守りはそのままにせず、必ず神社へ返納するようにしましょう!

スポンサーリンク

-お役立ち情報