お役立ち情報

雛人形を収納するダンボールが壊れたら!ケースの代替は何がよい?

雛人形を収納するダンボールが壊れたら
スポンサーリンク

雛人形を収納するダンボールが壊れたら、一体どうすればいいかと焦った経験がある人はいるでしょう。

実際他人事ではなく、雛人形を収納するダンボールが壊れることはあります。

では、ダンボールが壊れたら、ケースの代替には何がいいのでしょうか?

今回は、雛人形を収納するダンボールが壊れときのおすすめの代替ケースについて紹介します。

 

雛人形を収納するダンボールが壊れたら!ダンボールは購入できるの?

雛人形を収納するダンボールが壊れたら、まずはダンボールの再購入を考えると思います。

しかし、雛人形屋では購入できない場合もあるんです。

では、雛人形屋で購入できない場合は一体どうすればいいのでしょうか?

まずは、雛人形を収納するダンボールが壊れたら、ダンボールを再購入できるのかについて紹介します。

 

雛人形屋では購入できない場合もある

雛人形を収納するダンボールが壊れたら、まず雛人形屋で買い直すことを考えますよね。

ですが、雛人形屋では再購入できない場合があります。

というのも、雛人形の古さが原因です。

雛人形がずいぶん前に売られていたものだと、既にダンボールがないことがあります。

他にも、既に同じ型のダンボールの在庫がないことも少なくありません。

購入できるときもありますが、ダンボールで数千円はかかるので、金銭面的に負担がかかってしまいます。

 

オーダーメイドでダンボールを購入できる

雛人形を収納するダンボールが手に入らない場合、オーダーメイドで購入するという方法があります。

このオーダーメイドというのは、いくつかの種類のダンボールから好きなものを選べます。

普通のダンボールはもちろん、特殊ダンボールというものも販売されているんです。

特殊ダンボールは、こちらの要望に応じて、サイズや厚み形などを変えてくれるシステムです。

ただこのオーダーメイドも、種類によっては大分お金がかかります。

なので、ダンボールを雛人形屋で買い直すか、オーダーメイドするかはよく考えましょう。

 

ダンボールを自分で作ることもできる

オーダーメイドの他にも、雛人形を収納するケースは自分で作ることもできます。

方法は、薬局やスーパーなどでダンボールをもらい、自分で大きさを調整します。ただこれは、理想の大きさや厚みのあるダンボールを見つけ出すのが大変です。

他にも、ダンボールをもらう店にも許可をとらなければいけません。

一見楽そうにみえますが、手入れも大変なので、この方法もよく考えるべきです。

 

雛人形を収納するのにプラスチックケースで代替できるの?

雛人形を収納するダンボールが壊れたら、他にもプラスチックが替わりになるかもしれませんよね。

一説によると、雛人形をプラスチックケースにいれるのはおすすめしないというものもあります。

ですが、あることをすると、プラスチックケースに入れても大丈夫なんです。

続いて、雛人形を収納するのにプラスチックケースを使っていいのかについて紹介します。

 

プラスチックケースに乾燥剤など入れたら大丈夫

よくネットで、雛人形を収納するダンボールの代用にプラスチックはよくないとみかけます。

確かにプラスチックケースは、雛人形が出す水分を外に逃がせないので、劣化が進んでしまいます。

ですが一部の雛人形販売店では、プラスチックを代わりに使っても問題はないといわれているんです。

そのとき忘れてはいけないのが、プラスチックケースに乾燥剤を入れることです。

プラスチックケースに乾燥剤を一緒に入れておけば、雛人形から発する水分を防ぐことができます。

 

プラスチックの衣装ケースに収納する

雛人形の収納は、ダンボールの他にもプラスチックケースでも代用できます。

その中でもおすすめなのが、プラスチックの衣装ケースです。

衣装ケースの大きさは色々ありますが、普通の三段飾りであれば、ちょうど納まります。

また場所も取らない上、出し入れも楽なので、非常におすすめです。

 

雛人形を収納するケースは「桐箱」が最適

今まで、雛人形を収納するダンボールが壊れたら、代替にするにはどんな素材のケースがいいか紹介しています。

色んな素材のケースがありますが、やはりおすすめなのは桐箱です。

では、なぜ桐箱が雛人形を収納するケースに向いているのでしょうか?

最後に、雛人形を収納ケースに桐箱が最適な理由について紹介します。

 

桐箱が収納に向いている理由

なぜ雛人形を収納するケースに桐箱が向いているかというと、適度に湿気を吸収してくれるからです。

また湿気の排出もしてくれるので、雛人形がほどよい環境で収納できます。他にも桐箱がおすすめなのは、虫に食われる心配もないという点があります。

ダンボールだと、虫に食われる可能性がありますが、桐箱にはありません。

少し高いですが、雛人形を長持ちさせたい場合は、桐箱での収納をおすすめします。

 

桐箱の値段の相場

肝心な桐箱の相場なのですが、ネット通販でも10000円以上はします。

さらに店頭で買うとしても、20000円が最低価格というのも少なくありません。当然サイズが大きくなれば、そのぶん値段はあがります。

他にも質によっても変わるので、最低でも10000円以上するのは覚えておきましょう。

たまに楽天では、10000円以下で売られていることがあるので、1度調べてみてみるのをおすすめします。

 

まとめ

今回は、雛人形を収納するおすすめの代替ケースを紹介しましたが、参考になったでしょうか?

雛人形を収納するダンボールが壊れたら、替えを買うしかありません。

ただ買うときには、どんな素材がいいのか、値段を優先すべきかよく考えましょう。

他にもケースを買う際には、十分下調べをしておくことをおすすめします。

もし、雛人形を収納するダンボールが壊れてしまった方は、ぜひとも今回紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-お役立ち情報