お役立ち情報

成人式のお祝い金は2万円が相場?詳しい相場を解説

成人式のお祝い金は2万円が相場?詳しい相場
スポンサーリンク

子供さんやお孫さんが成人式を迎えるととても感慨深いですよね!

成人式のお祝いでは、現金でのお祝いが一般的ではありますが、地域によっては両親からも成人のお祝いをもらうところもあるそうです。

両親からのお祝いの金額や祖父母からのお祝いなどで相場の違いはあるのでしょうか?

今回は、成人式のお祝いの金額の相場やお祝いの渡し方について調査しましたので、紹介していきます。

 

成人式のお祝い金は2万円が相場?

成人式のお祝いの相場はどれくらいなのでしょうか?

詳しく見ていきましょう!

 

祖父母 1万円~5万円

両親  1万円~3万円

甥・姪 1万円~3万円

兄弟  1万円~3万円

親戚  5千円~2万円

知人  5千円~1万円

 

これはあくまで相場なので、絶対この金額を渡さないといけないというわけではありません。

親しい間柄だった場合は、1万円とプレゼントを渡すなど金額をたくさん渡すというよりはお祝い+プレゼントといった気持ちを渡すにも良いでしょう。

また、親戚などに包む場合だと自分の子供が成人式に貰ったお祝いの金額を包めば、無難ですよね。

金額を多く包まないといけないという決まりはないので、お祝いしたいという気持ちが伝わればお祝いの金額のこだわらなくても良いでしょう。

 

親のお祝いには相場は関係なし

成人した社会人にとったアンケートによると、両親から成人式のお祝いを貰った人は約6割にのぼることが分かりました。

私の住んでいた地域では、成人の日まで育ててくれた親に感謝する日という風習だったので、お祝いはもらっていないです。

子供から親にプレゼントを渡すという感じでした。

両親からのお祝いに関しては、相場に左右される必要はないと思います。

親だから子供のためにお祝いの気持ちを贈るという気持ちだけでもとても子供さんからしたら嬉しいのではないでしょうか?

気持ちが一番ということです!

 

お祝いの金額で偶数が避けられる理由とは?

お祝いの金額を包むときに偶数を避けた方が良いというのは知っていてもどうして避けるべきなのか知らない方も多いと思います。

ご祝儀の場合は、「割り切れる」=「切れる」「分かれる」ということから縁起の悪いという理由があるそうです。

2万円・4万円・6万円などの偶数も同様ですが、8万円だけは末広がりなので縁起は良いそうです。

奇数は積極的な面を表現するおめでたい数字とされていて、偶数は陽の当たらない数字とされています。

そういう意味でもお祝いとした渡す金額で偶数は避けられているということですね。

お祝い事も奇数にこだわってご縁を大切にという昔からの日本人の風習がずっと根付いているということなのでしょう。

もし祝いに2万円包みたい時には、1万円札を1枚と5千円さつを2枚渡すようにすると紙幣が3枚で奇数なので良いとされています。

 

祝儀袋に決まりはあるの?

成人式のお祝いを渡す際の祝儀袋は何が良いのでしょうか?

直接あってお金を渡せると言ってもそのまま現金で渡すのは好ましくないです。

せっかくのお祝いなので、紅白の蝶結びの水引のご祝儀袋を用意しましょう。

ご祝儀袋の書き方は、上段に

  • 祝御成人
  • 御成人御祝
  • 祝成人式

と書きます。

そして、下段には、お祝いを渡す人の名前をフルネームで書きましょう。

成人式のお祝いは圧倒的に親戚が多いので苗字だけだと、誰からもらったお祝いか分からなくなる場合があるので注意が必要です。

 

成人式のお祝いを渡すタイミングとは?

成人式のお祝いを渡すタイミングはいつが良いか知っていますか?

成人式のお祝いを渡すタイミングは、お正月が明けてから成人式の前日までに渡すのが良いとされています。

成人式の当日は準備で慌ただしかったり、成人式の後は友達と集まりなどがあって渡すのが難しいからです。

お正月に親戚の集まりがある時などはその時に手渡しするのも良いでしょう。

どうしても成人式までに会えないような場合は、成人式の前日までに届くように準備しておくとスムーズに祝うことが出来ます。

直接渡せないようなときにはお祝いと一緒にメッセージを添えると尚喜ばれると思います!

 

成人式のお祝いで甥っ子にプレゼント!何がおすすめ?

成人式のお祝いで甥っ子にプレゼントしたい時には何が良いか迷ってしまいますよね!

おすすめのプレゼントを紹介します。

 

①ネクタイ

ネクタイは社会人になれば何本持っていても良いものなのでネクタイは喜ばれるでしょう。

サイズも選ばなくても良いですし、ネクタイを貰ったことで大人になったことも実感できて良いと考えるかたも多いそうですよ!

これは両親からのプレゼントとしてもおすすめです。

 

②手帳

手帳は、社会人なら仕事でも使えますし、学生だったら学業に、どちらもプライベートでも使えますよね!

なので手帳を贈るというのも良いと思います。

このプレゼントも大人になったことを実感して頑張ろうという意識にも繋がりそうですよね!

 

まとめ

今回は、成人式のお祝いの相場や包み方などについて見てきましたがいかがでしたでしょうか?

成人式は人生で1度きりですし、大人になったという実感をもって成人になったことで責任も大きくなることを意識する日ですよね!

そんな特別な日なので、金額よりも気持ちを大切にお祝いを渡してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-お役立ち情報