食べ物の豆知識

業務スーパーの鶏がらスープ!「鶏だしの素」何でも使えて美味しい

業務スーパーの鶏がらスープ!「鶏だしの素」
スポンサーリンク

業務用ということもあって、たくさん入っていてお得に買える業務スーパー。

近年では、業務用を買う家庭も多くなっていますよね!

私も業務スーパーはとても好きで活用しています。

行くたびにこんな商品もあるんだという発見もあって主婦にとってはテーマパークのようです。

とにかくすべての商品のパッケージが大きいのでそれを見ているのでもちょっと面白かったりします。

話題の業務スーパーで何を買ったらいいの?と思っているかたも多いのではないでしょうか?

業務スーパーで買ってみて良かった「鶏だしの素」について紹介したいと思います!

 

業務スーパーの鶏ガラスープ!「鶏だしの素」量が多くてお得

いろいろな料理に大活躍する鶏ガラスープの素。

いつもは近くのスーパーで買っていたのですが業務スーパーでもあるのでは?と思って探してみたところ発見しました。

鶏がらスープの素ではないですが、「鶏だしの素」という商品です。

 

他の鶏ガラスープの素は量が少なくて結構良いお値段がするので、安くてびっくりしました。

227gで大体200円前後で購入することができます。

大体同じg数を買おうとすると2倍から3倍になってしまいます、

さすが業務スーパーという感じですよね!!

 

「鶏だしの素」と「丸鶏がらスープの素」の違いとは?

「鶏だしの素」と「丸鶏がらスープの素」の違いはどういったものがあるのでしょうか?

違いは、「鶏だしの素」の方が顆粒の粒が大きいです。

顆粒の粒はお湯に溶けてしまうのであまり関係ないですが、鶏ガラスープの方がサラサラしている印象です。

味の違いはさほどありませんが、どちらも鶏のだしの味が美味しいのでどうせなら安くて大量に入っているので「鶏だしの素」を使いたい!と思いました。

また業務スーパーの商品だから作っているメーカーは全然分からないところなんじゃない?と思って製造元を見たところちゃんと名の知れた会社が作っていました!

更に安心して使えますよね!

 

業務スーパーの鶏ガラスープ!「鶏だしの素」美味しい

鶏だしの素は、

  • 野菜炒め
  • チャーハン
  • 中華スープ

などに使えて料理がワンランク美味しくなります。

いつも作っている料理がさらにおいしくなりますし、隠し味的な感じで少し加えるだけで美味しくなるのは嬉しいですよね!

料理にはやはりだしが大切になるのでこの鶏だしの素は万能調味料といえます!

業務スーパーに行ったら絶対買うリピート品に仲間入りしています!

気になった方は使われてみてはいかがでしょうか?

 

業務スーパーの鶏がらスープ!「鶏だしの素」を使ったおススメ料理を紹介

美味しい鶏だしの素を使った料理を紹介します。

 

【中華がゆ1人前】

炊いてあるご飯・・・・・1合

鶏だしの素・・大さじ1

水・・・・・・7カップ

おろし生姜・・小さじ1

ごま油・・・・小さじ1

 

作り方

①鍋に水、鶏だしの素を入れて火にかけます。

②沸騰したらご飯を入れます。

③弱火で約7分ほど、時々かき混ぜながら加熱します。

④とろみがついたようなら、火を止める。

⑤ごま油を加える。

 

あとはお好みでトッピングなどをしてみると、尚更美味しく食べれます!

 

【チャーハン1人前】

ご飯・・・・・どんぶり1杯

長ネギ・・・・1/3

ハム・・・・・4枚

卵・・・・・・1個

塩コショウ・・少々

鶏だしの素・・小さじ2

マヨネーズ・・大さじ2

 

作り方

①長ネギをみじん切りにする

②ハムを粗みじん切りにする

③ご飯にマヨネーズを混ぜる

④ご飯と長ネギとハムと中火で混ぜながら炒める

⑤溶き卵を入れたら炒めながら混ぜ合わせます。

 

具材は好きなものを入れて作ってみてください。

鶏だしの素を加えることでいつものチャーハンが美味しくなりますよ!

 

【無限ピーマン2人前】

ピーマン・・・・・5個

ツナ水煮缶・・・・1缶

ごま油・・・・・・小さじ1

鶏だしの素・・・・小さじ1

ブラックペッパー・少々

 

作り方

①ピーマンを細切りにする

②ツナは水を切る

③耐熱容器に①と②を入れる

④600Wで2分加熱する。

⑤温め終わったらごま油と鶏だしの素とブラックペッパーを混ぜ合わせます。

 

おつまみにもOKですよ!

 

まとめ

この記事では業務スーパーの「鶏だしの素」について紹介してきました。

料理の味はおだしで決まると言っても過言ではありません。

安くてたくさん入っていて更に美味しいので「鶏だしの素」は本当におススメです!

業務スーパーは安いけど大丈夫なの?美味しいの?と思われている方は試してみる価値はありますよ!

スポンサーリンク

-食べ物の豆知識