食べ物の豆知識

レモンの砂糖漬け!効果とは?美容など詳しく解説

レモンの砂糖漬け!効果とは?
スポンサーリンク

ビタミンCがたっぷり入ったレモン。

健康のために食べたいけれど、そのまま食べるのは酸っぱくてなかなか難しいですよね。

そんな時に便利なのがレモンの砂糖漬けです!

スポーツをしている方には馴染みがあるのではないでしょうか。

しかし、このレモンの砂糖漬けはスポーツ後に食べるだけではもったいないほどの効果があるんですよ!

そこで今回は、レモンの砂糖漬けの効果について詳しく解説していきます!

また、使い方や賞味期限などについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

レモンの砂糖漬けとは?どんなもの?

レモンの砂糖漬けとは、その名の通り、レモンを砂糖に漬けたものです。

その作り方はとっても簡単で、レモンの大量消費にもオススメなのでぜひ作ってみてください!

 

レモンの砂糖漬けの作り方

材料は、レモンと砂糖の2つだけ!

まず、レモンを2~3mmの厚さにスライスします。

レモンの皮は剥いても剥かなくてもどちらでもOK!
お子さんが食べる場合など、苦みを避けたいときは皮を剥いておくのがオススメ!
また、皮を剥かない場合は表面にワックスや汚れが付着していることがあるのでしっかりと洗いましょう。

そして、スライスしたレモンと砂糖をガラス瓶やタッパーに交互に入れていきます。
砂糖とレモンの割合は、1:1くらいがオススメですが、料理に使いたい場合は砂糖を少なめにするなど、お好みで調節してくださいね。

レモンと砂糖を入れ終わったらしっかりとフタをして、1日1回かき混ぜます。
2~3日で食べられるようにはなりますが、食べごろは1週間後くらいからになります。

ちなみに、ハチミツを入れたり、砂糖を三温糖やてんさい糖にしてみるなど、色々なアレンジをするのもオススメですよ!

 

レモンの効果とは?

レモンはビタミンCがたっぷりなイメージですが、ビタミンCの他にも様々な栄養を含んでいます。

ここからは、そんなレモンに含まれる栄養とその効果についてご紹介していきます!

 

栄養

レモンに含まれる栄養として代表的なのは、やっぱりビタミンCですよね!

その他にも、クエン酸や葉酸、ペクチン、カリウムなども含まれているんですよ。

また、聞き馴染みが無いかもしれませんが、「エリオシトリン」という成分も多く含むことでも知られています。

 

効果

ビタミンCは強力な抗酸化作用を持ち、美肌や美白効果が期待される女性に嬉しい成分です。

ペクチンは腸の働きを助けたり、コレステロール値や血糖値を下げる働きもあるんですよ!

そして、葉酸は貧血予防、カリウムは冷え性の改善に効果があります。

また、「エリオシトリン」は肝臓機能を助け、肝脂肪を抑制することが期待される成分でもあるのです!

 

スポーツ後の疲労回復に効果的

レモンが酸っぱく感じる原因でもあるクエン酸は、スポーツ後の疲労回復にとても効果的な成分です。

クエン酸を摂取することで、基礎代謝を上げ、疲労の元である乳酸を分解、脂肪の燃焼効果まであるんです!

そのため、スポーツ選手などは試合前後にレモンの砂糖漬けを口にすることが多いそうですよ!

 

レモンの砂糖漬け!使い方

さて、レモンの砂糖漬けを作ってみたはいいけれど、そのまま食べるだけではなかなか消費できませんよね。

実は、レモンの砂糖漬けは料理やドリンクなど、様々な使い方があるんですよ!

今回はその中で2つご紹介させていただきます。

 

サイダー割り

暑い日にピッタリなのが、サイダー割りです!

作り方はとっても簡単♪

コップ1杯の炭酸水(約180cc)にレモンの砂糖漬けを大さじ1~2杯を入れるだけ!

見た目もとっても涼しげで、リフレッシュできること間違いなしです♪

また冬など寒い日には、お湯割りにすることでホットレモンにすることもできますよ。

 

レモンケーキ

レモンの砂糖漬けはお菓子作りにも使えるんですよ♪

今回はホットケーキミックスを使った簡単なレモンケーキの作り方をご紹介します。

〈材料〉
ホットケーキミックス・・・100g
砂糖・・・50g
卵・・・2個
サラダ油・・・大さじ2
レモンの砂糖漬け・・・お好みの量
レモン果汁・・・適量
バニラエッセンス・・・適量

〈作り方〉
1.砂糖漬けにしたレモンの皮を除き、細かく刻んでおく。
2.砂糖、卵、サラダ油を混ぜ合わせたものにホットケーキミックスを加え、さらに混ぜる。
3.2にレモン果汁とバニラエッセンス、さらに1のレモンを加え、軽く混ぜる。
4.型に流し入れ、空気を抜く。
5.砂糖漬けのレモンスライスをお好みの量のせて飾り付ける。
6.180℃に余熱したオーブンで、20~30分様子を見ながら焼いたら出来上がり。

レモンの香りがさわやかでとっても美味しいですよ♪

 

レモンの砂糖漬け!賞味期限について

レモンの砂糖漬けは長く日持ちしますが、保存方法によって賞味期限が異なります。

 

冷蔵保存

冷蔵保存した場合の賞味期限は、約1か月です。

 

冷凍保存

冷凍保存した場合の賞味期限は、約3か月です。

 

レモンの砂糖漬け!腐ったときの見分け方

レモンの砂糖漬けは日持ちがするとお伝えしましたが、保存環境や保存期間によっては腐ってしまうこともあります。

レモンの砂糖漬けが腐ると、カビが生えたり、レモンがドロドロと溶けたような状態になります。

腐りにくくするためには、保存容器を使用前に煮沸消毒したり、しっかりと密閉しておくことも大切ですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

美容や健康にも良いレモンの砂糖漬け。

ぜひ、色々なアレンジをして楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク

-食べ物の豆知識