お役立ち情報

女性一人暮らしの防犯!ベランダからの侵入を防ぐ13の方法

女性一人暮らしの防犯!ベランダからの侵入を防ぐ
スポンサーリンク

女性の一人暮らしは何かと心配なことが多いですよね!

いざというときは自分で自分を守るしかありません。

日頃から万が一のことを想定して、危ない目に合わないように気をつけたいですね。

この記事では、女性の一人暮らしの防犯対策についてやベランダなどで気を付けるべきことについて紹介していきます。

 

女性一人暮らしの防犯!ベランダで注意すること

女性一人暮らしで気を付けるべきこと一つ目はベランダです。

ベランダで女性しか住んでいないのかもとばれてしまうことがあります。

対策についても合わせて紹介しますね!

 

①洗濯物に注意

洗濯物を外に干すときに下着をみえないように干していますか?

また、女性ものの洋服ばかりだとすぐに女性しか住んでいないことは分かってしまいます。

少しメンズライクのパーカーなども一緒に干すようにして女性の一人暮らしだと分からないように工夫が必要です。

いつも同じメンズの洋服だと勘づかれてしまうので少しバリエーションも必要になります。

 

②カーテンに注意

カーテンについてですが、こちらもあまり女性らしく可愛いものだと女性が住んでいますっと言っているようなものなのでそれも気をつけましょう。

また、レースカーテンにしている時などに外や向かいの家などからこちらの様子が見えてしまうようなカーテンはやめましょう。

レースのカーテンは家の中が見えない「遮像カーテン」がおすすめです。

 

③昼間もベランダから出ないようにする

お洗濯ものを干したりすることは仕方ないことですが、意外とベランダを見ている方は多いです。

ベランダにいるときなどに隣の部屋などから人が来てしまうことなども考えられるため不要にベランダに出てしまうことは避けましょう。

 

④窓に防犯フィルムを張る

窓ガラスを割られて空き巣が入ったり、強姦などの危ない目に合わないように簡単に窓が割れなくする防犯フィルムを張ると効果的です。

ドアや窓に簡単に貼り付けられるタイプもネットなどで買えて女性でも設置できます。

防犯フィルムを張っておくことで、ガラスを割られてもガラスが飛び散ることがないので鍵もあけられる心配がありません。

 

女性一人暮らしの防犯グッズ!ベランダ対策は重要

ここではベランダでの防犯対策について紹介していきます。

危ないなと思うことは防犯対策をすることで犯罪を防ぐこともできるし、自分自身が安心して自宅で過ごすことが出来るというメリットがあります。

 

①センサーライト

センサーライトは人の動きなどに反応してライトがつきます。

部屋の中にいるときにライトがついたりするときには危ないのでベランダに出ないようにしましょう。

明らかに人がいるような場合は通報しましょう。

 

②防犯カメラ

防犯カメラをつけることで、ここは防犯カメラがついているから避けようと思う人は多いです。

自分の身を守るためには小さいカメラでも良いのでつけておくと防犯でも使えて、もしくは空き巣などが入った時には役に立ちます。

 

日常生活での防犯対策

ここでは日常生活での防犯対策について紹介していきます。

日常生活の中には危険なことがたくさん潜んでいますよね。

ここをぜひ参考にしてくださいね!

 

①鍵をかける

当たり前のことですが、ついうっかりが多いのが鍵をかけるということです。

玄関は鍵をかけることはもちろん大切ですが、宅配物などが届いたときは少しだけドアを開けられるようにストッパーなどを使いましょう。

窓やベランダは2重ロックできる家は必ず2重ロックをしましょう。

また、物件が2重ロックでない場合は、ネットなどでも買えて女性でも簡単につけられます。

万が一窓ガラスを割られても2重ロックだと鍵を開けるのに手間取ってしまって侵入までの時間がかかるので途中で空き巣に入るのをあきらめる可能性が高いです。

対策には念には念をということですね!

 

②ポストに鍵をかける

ポストに鍵をかけるのも効果的です。

自分の郵便物を取られたり、個人情報を取られてしまったりするのも防げます。

また、郵便物の不審火なども防ぐことが出来るのでおすすめです。

 

③郵便物を溜めない

郵便物を溜めないというのは、旅行に出ていて留守にしていることなどがばれてしまわないようにです。

長く留守にしていることなどが分かってしまうと空き巣に入られる原因になってしまします。

 

防犯に良い物件を選ぶ

防犯に気をつけている物件に住むのが一番効果的です。

防犯に良い物件とはどんな物件か紹介します。

 

①3階以上に住む

なぜ3階以上が良いかというと、1階や2階だと外のベランダや階段を上ってきてベランダから家に侵入される可能性があるからです。

なので3階以上に住むことをオススメします。

また、屋上からの侵入もあるため、最上階なども意外と危ないので注意しましょう。

 

②人通りが多い

人通りが多いのはうるさそうじゃない?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、人通りが多いところで空き巣に入ったり犯罪をしようとする人はまず少ないです。

なので人通りがある程度あるところが安心です。

 

③オートロック付き

オートロック付きの物件だとそこの住人しか入れません。

ストーカーや泥棒に入ろうとする人がインターホーンを鳴らしてもオートロックを解除しないと建物内には侵入できないので安心です。

 

④防犯カメラが設置している

エントランスやエレベーターなどに防犯カメラがついていると安心です。

犯罪を未然に防ぐことや、何かあった際にも役に立つからです。

家を借りる際などにはしっかりと防犯カメラがあるかなどについても確認しましょう。

 

まとめ

この記事では、女性の一人暮らしの防犯についてや防犯対策について紹介してきました。

女性の一人暮らしは空き巣やストーカーなどいろいろな問題がつきものです。

また、帰宅したら家の中に人がいたということもあるようなので防犯対策をしっかりしておくことはとても大切です。

 

防犯対策のPOINT

  • 必ず鍵をする
  • ポストに鍵をかける
  • 郵便物を溜めない
  • 女性の一人暮らしと分かるようなことは避ける
  • 防犯設備が整った人通りの多い物件に住むこと
  • オートロック付きがOK

 

この記事で書いた防犯対策を生かしてもらえたらと思います。

自分の身は自分で守るという意識が犯罪を未然に防ぐことにも繋がりますよ!

スポンサーリンク

-お役立ち情報