食べ物の豆知識

ゆで卵!お弁当の持って行き方とは?前日に作ると腐るから危険?持ち運び方を解説

ゆで卵!お弁当の持って行き方とは?
スポンサーリンク

簡単に作れて、しっかり栄養も取れるゆで卵!

ゆで卵って殻が付いているので、お弁当などの持ち運びにも便利そうですよね。

とは言え、ゆで卵は腐りやすいと聞くし、どのように持ち運べばよいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

「ゆで卵をお弁当にするなら、どんな持って行き方がいいの?」

「前日に作ったゆで卵を持ち運ぶのは危険?」

などなど、今回はゆで卵のお弁当の持って行き方を解説していきます!

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

ゆで卵入りのお弁当の持って行き方とは?

ゆで卵

お弁当にゆで卵を入れる際に気になるのは、腐らないかどうかですよね。

特に夏場は食材が傷みやすいので、ゆで卵を入れても良いものか不安な方も多いはず!

では、ゆで卵入りのお弁当は、どのように持っていけばよいのでしょうか?

 

保冷剤

最も手軽な方法は、保冷剤を使う方法です♪

お弁当を入れるバッグに冷凍させた保冷剤を一緒に入れることで、温度が下がり、食中毒のリスクを低減させてくれます。

お弁当用に丁度良いサイズの保冷材は、アイスクリームやケーキを購入した際に付いてくるので、捨てずに再利用しましょう♪

 

保冷バッグ

お弁当を入れるバッグを、保冷バッグにするのも効果的ですよ♪

保冷バッグは、中身の温度を保ってくれるので、保冷剤と一緒に使用すれば効果抜群です。

保冷バッグは100円ショップなどにも売られていますので、ぜひ使ってみてくださいね!

 

冬場であれば「たまごケース」

みなさんは、「たまごケース」という商品があるのをご存じでしょうか?

たまごをそのまま入れることができ、割れるのを防いでくれる優れモノなんです。

保冷効果は無いため、夏場に使用するのは難しいのですが、冬場であればゆで卵をそのまま持ち運べるので、非常に便利ですよ♪

 

夏にゆで卵入りのお弁当を持って行くのは危険?

「ゆで卵は腐りやすい」と聞きますよね。

では、夏にゆで卵をお弁当に入れるのは危険なのでしょうか?

 

生や半熟卵は危険!食中毒になる

結論から言うと、生や半熟のゆで卵をお弁当に入れるのは食中毒の危険があります!

そのため、夏場にゆで卵をお弁当に入れる際は、しっかりと加熱した固ゆで卵にしましょう。

ちなみに、殻をむいたゆで卵より、殻付きのゆで卵の方が傷みにくいです。

夏場にゆで卵を持ち運ぶ際は、殻付きのまま保冷材などで冷やした状態で持ち運ぶことをオススメします!

 

ゆで卵をお弁当に入れる場合

さて、ここからは、お弁当のゆで卵を安全に食べるポイントを4つ、お伝えしていきます!

どれも簡単な方法ですから、ぜひ試してみてくださいね。

 

ゆで卵は固めに茹でる

1つ目は、固めに茹でることです!

卵は、生や半熟の状態だと食中毒のリスクが高まります。

ゆで卵を作る際は、しっかりと火を通しておきましょう。

 

前日に茹で冷蔵庫で冷やしておく

2つ目は、前日に茹で、冷蔵庫で冷やしておくことです!

当日にゆで卵を作ると、時間が無くて半熟になってしまう可能性もありますし、冷めるのにも時間がかかります。

ですから、前日の夜に作り、冷蔵庫でしっかりと冷やしておく方が安全です。

 

殻が付いたまま入れる

3つ目は、殻が付いたまま入れることです!

ゆで卵を剥いたり、切り分けたりすると、空気に触れる面積が大きくなるため、食中毒のリスクも上がってしまいます。

そのため、ゆで卵を持ち運ぶ際は、できるだけ殻付きのままがオススメなんです。

 

梅干しと一緒に入れる

4つ目は、梅干しと一緒に入れることです!

実は、梅干しには強い抗菌作用があり、お弁当に入れることで食中毒リスクを低減させてくれるんです!

腐りやすいゆで卵をお弁当に入れるのであれば、ぜひ梅干しも一緒に入れるようにしましょう!

 

ゆで卵をお弁当に入れる場合!茹で時間

ゆで卵は腐りやすいため、お弁当に入れる場合にはしっかり加熱しておくことが重要です!

しかし、卵には殻が付いているため、中身が半熟かどうか見分けるのって難しいですよね・・・。

では、どのくらい加熱すればよいのでしょうか?

 

10分から12分茹でる

固ゆで卵を作るには、10~12分茹でる必要があります。

ちなみに、ゆで卵は水から茹でる方法と沸騰してから茹でる方法がありますよね。

この10~12分というのは、沸騰後の加熱時間になりますので、水から茹でる場合は沸騰してからカウントするようにしてください。

また、12分以上茹でても美味しく食べられますから、「茹ですぎかな・・・?」と不安にならなくても大丈夫ですよ♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゆで卵は栄養豊富で、お弁当に入れて持って行きたい方も多いですよね。

ただし、ゆで卵は腐りやすく、食中毒の危険もあるので、お弁当にして持って行く際は注意が必要です。

しっかりと固ゆでし、夏場は保冷材などを活用すると良いでしょう♪

スポンサーリンク

-食べ物の豆知識