横浜市の住宅街・新羽と新吉田でスーパーを営む「ローヤルよつや」。他店では手に入らないこだわり品や質の高い商品を提案する「質販店」です。

大人気のパン屋さん、ぷちらぱん

puti2.jpg

おいしさの秘密。ぷちらぱんのこだわり

戸塚にある小さなパン屋さん、その名はぷちらぱん!しかし、原料などにはかなりなこだわりがあるのです。ぷちらぱんの全てのパンには海からとれる天 然の天日塩と、すべて手作業で取り出されているフランス産ゲラント塩、この2種類が使われています。普通の塩とは違ってそのまま食べても美味しいまろやか な塩なのです。
小麦粉は北海道産の最高級の国産小麦を使い、バターも北海道産のものを使用しています。これらの素材の風味や、おいしさを引き出して焼き上げるのはフランス製の石釜を用いています。

puti.jpg

パン1つ1つに想いを込めて、丁寧に......。

そして何と言っても最大に力を注いでいるのは1つ1つのパンを丁寧に作ること。品質管理の徹底、従業員の指導、生地をこねる祭の温度、湿度、酵母を育てる時の温度、全てをきちんと管理することです。
ルーチンワークとはいえ、1つ1つの作業や1つのパンを作るのに一切手抜きはしない。
「私達はパンをたくさん生産し、毎日向き合うけれど、お客様にとってはそのうちのたった1個のパンが"ぷちらぱん"になる。そのような緊張感、真剣さをもって作るように心掛けています」
そんなぷちらぱん店長・青木さんに人気ラインナップを聞くと、とても悩まれ「うちのパンにはそれぞれにファンがいるから、『これ!』というより、どのパン にもそれぞれの良さがあるんだよね。湘南鎌倉や横浜など、味を知る戸塚のお客様は厳しいけれど、それでもご評価いただいてます」とのことでした。
本当に地域や家庭の食卓の中に自然とある、そんな素朴なパン――それがぷちらぱんのパンなのです。